【MT4非対応】iFOREX独自の取引ツールFXnetViewerについて

iFOREXではMT4非対応

iFOREXではMT4非対応のアイキャッチ画像

iFOREXは創業1996年で運営から20年を経過している海外FX業界の中でも、老舗中の老舗のFX業者です。
今では、日本でも有名な業者として認知されており、多くのトレーダーから利用されています。

追証なし・ゼロカットのシステム導入・ロスカット水準0%・変動スプレッドというトレーダーにとっては魅力満載のスペックばかりです。

口座開設するにも身分証明書の提示は必要なく、クレジットカードがあれば申請当日にハイレバレッジのトレードが可能になる手軽さも人気の理由の1つとなっています。

特に一攫千金狙いのハイレバレッジのギャンブル的なトレードを志向している人にとっては、おすすめの海外FX業者と言えるでしょう。

というのも、強制的なロスカットの思想がないので口座残高が0円になるギリギリまでポジションを保つことができます。

iFOREXで「強制的なロスカットの思想がない」というのは、「証拠金維持率が0%以下になったらロスカットする」というルールなので、強制決済された場合は「含み損=口座残高」になった時に限定されます。
そのようなことから、事実上、「強制ロスカットの思想がない」という事になるわけです。

また、取引後の残高が0円になる直前までポジションを持つことができるので、万が一決済が遅れて口座残高がマイナスになったとしても、iFOREXでは安心して取り引きすることができるのです。

追証なしのゼロカットシステムを採用していることから、口座のマイナス残高は全てクリアになります。

このような仕組みから入金額以上の金額で負けることがないので、リスクを限定しながらハイレバレッジで取引することに専念できます。

また、最大レバレッジは400倍と非常に高いレベルで、100%の入金ボーナスの特典があるので、資金効率が抜群です。
そしてこの2つの特典を組み合わせることで、最大で入金額の800倍の取引が可能となるのです。

最大レバレッジが400倍で、入金額の100%のボーナスというFX業者はそんなにあるわけではありません。

5万円入金した場合、最大で4,000万円のポジションでエントリーすることができることになりますので、小さな資金で入金しても大きく資金を増やせるチャンスが生まれてきます。

その一方で、現在海外FX業者はMT4を利用したトレードが主流になってますが、iFOREXはMT4に対応していません。

その代わりに、iFOREXでは「FXnetViewer」という独自のトレードシステムを採用しています。

iFOREXの独自取引ツールFXnetViewer

iFOREXの独自取引ツールFXnetViewerのアイキャッチ画像

iFOREXではMT4に対応していなく、代わりに「FXnetViewer」という独自のトレードシステムを導入しています。

このiFOREX独自取引ツールのFXnetViewerは、オフィスや旅行先、仕事で外回りをしている時でも相場のチェックをしたり、トレートで取り引きすることや入出金も可能にしています。

FXnetViewerは、ネットでモバイルトレーディングをするユーザーの取り引きをサポートする有効なツールと言えます。

対応OSは、Microsoft Windows 8以上、Mac OS X v10.6以上で、対応ブラウザは、Internet Explorer11以上、FireFox v12以上、Google Chrome v23.X以上、あるいはSafari 4以上をサポートしています。

ハードウェアの処理速度は1.8GHz(シングルコア)、RAM 1GBで、スクリーン解像度:1024×768となっています。

インターネットは、光回線やLTEなどのブロードバンド回線をメインとしており、 ソフトウェアは、Java、Silverlight、Adobe Flash Player、Adobe Readerとなっています。

iFOREXのモバイル取引画面は非常にユーザーフレンドリーな仕様となっているために、常に正確な市場価格を受信することができます。

iFOREXのモバイル取引画面から、手の中でFX取引に必須の情報を入手することができ、豊富な取引オプションだけでなく、見た目の洗練された外観と高いパフォーマンスで製作されています。

iFOREXのFXnetViewerのスマホアプリが便利

iFOREXのFXnetViewerのスマホアプリが便利のアイキャッチ画像

iFOREXを愛用しているネットトレ-ダーにとっては、FXnetViewerのスマホアプリは非常に便利なアイテムです。

モバイルトレーダーはポータブル取引のアプリケーションだけで、全てのインターネットに接続可能なモバイルデバイスから利用することができます。

トレーダーにとってハンディで持ち運びが便利なだけではなく、コンピュータをベースとしたソフトウェアで使うことができるツールをディスプレイ上で簡単な操作をするだけで利用することができるのです。

スマートフォンからのスピーディーな注文とポジションのモニタリングを常に実行することが可能となっています。

また、残高や有効保有額、利用証拠金詳細など口座明細を確認するにも、どこからでもアクセスすることができ、正確なレートを捉えることができるスワイプ決済などの新機能が充実しており、自分に合った簡単な操作画面にするための完全カスタマイズ機能も搭載しています。

まとめ

まとめのアイキャッチ画像

iFOREXは海外FX業者の主流となっているMT4に対応していないことは前述の通りなので、今まで従来の他業者を利用したことのある人で、iFOREXを初めて利用する人にとっては戸惑いを感じると思います。

しかし、iFOREXでは「FXnetViewer」という独自のトレードシステムが採用されており、スマートデバイスからの素早い注文が実行できて、ポジションを常時モニターすることが可能となっています。

さらに、ネットワークに繋がっている環境にいるのであれば、残高確認だけでなく、有効保有額や利用証拠金詳細など口座明細の確認もモバイル環境でアクセスして利用することができます。

iFOREXは、このようにネットトレーダーにとっても魅力のあるFX業者なのですが、特長はこれだけではありません。

最も正確なレートを捉えられるスワイプ決済で、ロスカット水準も0%で一攫千金狙いのトレードに最適なのです。

iFOREXのロスカット水準は、他のFX業者では類を見ない驚異の水準で、証拠金維持率が0%で含み損が有効証拠金を割るまで強制ロスカットが実施されません。

一般的に、ロスカット水準が20~30%の海外FX業者は大半である中で、0%に設定している業者はiFOREXを含めて1、2社程度です。

ロスカット水準が0%ということから、フルレバレッジで資金が0円になるか倍になるかと理解しやすい取引ができ、少額入金でも1回の取り引きで大きな利益を生み出すことができる可能性も秘めています。

最大レバレッジは400倍で追証なしのゼロカットなので、海外FXの中では平均的なレベルであっても、国内FX業者と比較してみると10数分の1の証拠金で同じレベルのポジションを取ることができます。

10000円入金したと想定した場合は、国内FXでは最大25万円分の取り引きに限定されるのですが、iFOREXではなんと最大400万円分の取引が可能となるのです。

少額しか入金できないトレーダーでも大きなポジションを持つことができることから、一攫千金のチャンスがあるわけです。

また、iFOREXは追証なし・ゼロカットシステムを採用しているおかげで、口座残高がマイナスになったとしてもマイナス分はiFOREXが肩代わりしてくれます。

そのことから、損失は最大になっていても、口座に残っている金額まで安心してギャンブル的なトレードを実施することができる環境が整っています。

iFOREXでは常時様々なキャンペーンも実施されていますが、その中で大きなものが、常時初回入金の100%ボーナスを開催していることです。

上限は10万円で、入金額100%が「トレーディングチケット」という形のボーナスで受け取ることができます。

10万円までの入金であれば、証拠金2倍で取引を開始することができるので、投資金が乏しい人でも一気に元手を増やすことが可能というわけです。

また、10万円を超える入金をした場合でも、超過分に対して40%ボーナスが適用されるのも嬉しいポイントでしょう。
※但し、40%ボーナスの上限は200万円です。

しかも、年利3%の利息キャッシュバックという制度もあります。
年利3%利息キャッシュバックとは、新規口座を開設した人は10万円~1500万円の入金をした場合に有効証拠金に対する年利3%の配当を受け取ることができるキャンペーンであり、最低10万円の入金という条件を超えることができれば、有効証拠金10万円以上、最終取引(入金・注文/決済・未決済取引の維持)から30日以内という状態をキープしているだけで毎日配当が発生することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です