iFOREXの特徴・評判は?

iFOREXの特徴まとめ!

iFOREXの特徴まとめ!のアイキャッチ画像

iFOREXの特徴①信頼性の高い20年以上の運営実績

iFOREXは1996年に設立され、2019年で23年目になりFIH管理センターはギリシャ共和国アテネにあります。
資本金は14,922,898USDで、従業員数は2012年末日時点で330名です。

運営会社はFormula Investment House Ltdで、英領のヴァージン諸島の金融サービス委員会に認可されています。
系列会社はFormula Investment House B.O.S. Ltdで、キプロス証券取引委員会のライセンスを取得しているため信頼性が高いです。

しかし、資金の管理方法は分割管理のみで、国内FX業者や大部分の海外FX業者のような信託保全がないため倒産すると資金が返ってこないリスクもあります。

iFOREXは20年以上の歴史や実績があるため安心できますが、バージン法人でイスラエルの銀行Mizrahi Tefahot Bankのロンドン支店に資金を分割管理していることを理解することが大事です。

iFOREXの特徴②最大レバレッジは400倍!ロスカット水準0%で追証もなし

iFOREXは最大400倍のレバレッジで取引ができ、日本のFX業者の25倍にもなります。

レバレッジが高いメリットは必要証拠金が少なくなることで、実効レバレッジはロット次第でコントロールが可能です。

追証は国内FX業者には付き物で追加証拠金のことを示し、維持率が下回れば借金になり発生すると必ず支払う義務があります。
しかし、iFOREXははなくて残高がマイナスになっても補填してくれ、元本以上の損失を避けることができます。

また、ロスカット水準は0%で強制的にされることがなく、残高がゼロになるギリギリまで粘れることがメリットです。
このため、ハイレバレッジでギャンブル性が高いトレードが可能で、アイフォ戦士を輩出していることでも注目されています。

ちなみに、強制ロスカットは国内海外のFX業者の大部分が行っていますが、iFOREXはないためギリギリまでポジションを持ち続けることが可能です。

iFOREXの特徴③業界トップクラスのお得なボーナスキャンペーン

iFOREXはボーナスキャンペーンを行い、有効証拠金を増やしてハイレバレッジのトレードを楽しめることが魅力です。
キャンペーンの内容は以下の3種類あります。

  • 100%入金ボーナスと40%入金ボーナス
  • 40%キャッシュバック
  • 年利3%の利息キャッシュバック

100%入金ボーナスと40%入金ボーナス

このボーナスは2段階に分かれ、初回限定という条件がありますが10万円までであれば入金額がそのままもらえ、10万円を超過するとその分に対して上限が200万円まで40%のボーナスが付与されます。

ただし、超過分のボーナスの受け取りはサポートへの連絡が必要で、超えない場合は不要です。

なお、付与されるボーナスはトレーディングチケットとして扱われ、そのまま出金することは不可で保有中に出金するとその額に応じて失効するため注意が必要です。

40%入金ボーナス

2回目以降の入金額に対し、40%のペンディングボーナスという形でキャッシュバックされますが条件があります。

また、すぐに受け取れるわけでなく、取引量が5万通貨ごとに1ドルのキャッシュバックの権利が与えられ、入金から3ヶ月以内になるため注意が必要です。

年利3%の利息キャッシュバック

10万円~1500万円の入金で取引を始めると有効証拠金額に対し年利3%の利息を受け取れます。

他にも、利用者限定の不定期ボーナスキャンペーンもあり、メールで案内が届きます。
内容は一例として上限25万円まで100%の入金ボーナスや狭いスプレッドを提供する口座へのアップデートがあり、少しでもお得になるように取引をすると効果的です。

iFOREXの特徴④600種類以上の取扱銘柄による幅広い取引が可能!

iFOREXは100以上の通貨ペアがあり、日本円やユーロ、ドル、リラなど世界で流通する通貨の組み合わせを自由に選べます。

CFDは600種類以上の商品を扱い、それぞれの種類によって最大レバレッジが異なります。
商品は原油や金、天然ガス、トウモロコシなどがあり、最大レバレッジは200倍と高めです。

株価指数は日経225やヨーロッパ50、ドイツ30などがあり、こちらも最大200倍のレバレッジです。
株式はアップルやグーグル、アマゾンなど豊富ですが、最大レバレッジは20倍になります。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や上場投資信託もあり、これらは最大10倍のレバレッジと他の種類よりも低めです。

iFOREXはCFDを600種類と豊富に扱っていますが、それぞれ最大レバレッジが異なります。

iFOREXの特徴⑤iFOREX独自のプラットフォーム「FXNet Trader」が便利

iFOREXには独自プラットフォームとしてFXNet Traderが設けられ、MT4と同じくらいに使いやすい仕様で移動平均線など標準でテクニカル分析用のインジケーターが最低限揃っていて便利です。

対応機種はWindowsのパソコン以外にMacもあり、スマホやAndroid、iPhone、タブレットなどからもアクセスできます。
使いやすさの要因は指値・逆指値注文が出しやすいことで、注文だけならiFOREXの会員ページからできてわざわざMT4を起動させなくてもできることが特徴です。

注文はワンクリックですぐにできることや、各ウインドウを動かしてカスタマイズをすると見やすくなります。

リアルタイムでデータを監視して目標を決めて取引ができるため、株価の変動に合わせて取引をしやすくて便利です。

iFOREXの特徴⑥不当な出金拒否はなし!高額出金も対応

iFOREXは海外FX業者にありがちな出金拒否をする噂はまったくなく、安心してトレードができることでも有名です。

基本的に、出金拒否をする理由は金融ライセンスを取得せず詐欺まがいの行為をするためで、口座開設ボーナスを高く設定して結局は現金を引き出せないままになることもあります。

iFOREXは日本で運用歴が20年以上になる老舗のFX会社で、キプロスの証券委員会のライセンスを所持していることからも安心です。

また、iFOREXは過去に高額の出金者が出たことでも有名で、基本的にFX会社の中には大きな損失になることを避けて拒否することもあります。
しかし、確実とは言えないため、ある条件を守ることが大事です。

その条件とは3点あり

  • スキャルピングをしすぎないこと
  • アービトラージをしないこと
  • 定期的に出金すること

以上のことさえ覚えておけば出金拒否をされることはまずないといえます。

iFOREXの特徴⑦専門スタッフによる日本語サポート

iFOREXは日本人でも安心して使えるよう日本語サポートを行い、メール、ライブチャット、電話、FAXの4つの方法で対応できます。
中でもライブチャットはリアルタイムでサポートと情報のやり取りができ、日本人向けのサポートデスクを用意しています。

サポートデスクは日本人スタッフが平日の13時から19時までスタンバイし、不明な点があってもすぐに問い合わせることが可能です。

公式ホームページや会員ページはすべて日本語で表記され、他の海外FX業者のように英語を使えないと不便になることもなくて安心できます。
また、運営歴が20年以上と長くて日本人向けの対応は万全で、口座開設や書類提出、入出金や取引に至るまで日本語でそのままできて便利です。

日本語サポートの品質は海外FX業者を選ぶために気になるところですが、長年の実績があるため安心できます。

iFOREXの特徴⑧本人確認なしですぐに口座開設

iFOREXは海外FX業者の中では簡単に口座開設ができ、個人情報を登録し認証コードを入力し登録メールアドレスとパスワードの確認の3つのステップで完了できます。
また、iFOREXは口座開設に必要な書類はなく、本人確認をしなくても名前とメールアドレスがあればすぐにできます。

メールアドレスはiFOREXとの情報のやり取りをするために必要不可欠で、氏名、電話番号、国籍、口座通貨を登録すると完了します。

認証コードは本人であるか確認するために行い、利用規約およびお客様情報の扱いを確認してチェックすることが必要です。

口座開設後は連絡先メールアドレスのほかパスワードが表示され、パスワードはマイページにログインするために必要で忘れないように必ず控えるようにする必要があります。

出金する際には本人確認書類と現住所証明書類が必要で、スマホで撮影したものをそのまま送るだけで完了するため便利です。

以上のように、iFOREXは口座を簡単に作りやすく、興味があれば取引をするきっかけになります。

iFOREXの特徴⑨約定力やサーバーの強さは普通

海外FXで取引をする時は約定力やサーバーの強さなどを重視し、事前に確認してから決める必要があります。

基本的にサーバーの強さは並程度と言われ、回線が混み合っている時にいきなりストップすることもあるようです。
また、約定力は平常時でも遅くなることもあり、他の海外FX業者と比べると多少のデメリットがあります。

サーバーは海外と情報のやり取りをするため途中で止まると困るもので、なおかつ為替レートは時間によって変動するため途中で止まると思うようにならないものです。

サーバーがフリーズすることはあまりないですが、強度はイマイチのため取引が集中する時間帯を避けるようにしないとスムーズにできないなどの問題点も報告されています。

iFOREXの特徴⑩スキャルピングが禁止されている

iFOREXはスキャルピング取引を禁止しているため、もし発覚すると出金を拒否されてしまうこともあります。

スキャルピングとは1日に10から数百以上のポジションの売買を行うことで、積極的にトレードをする際には注意が必要です。

iFOREXはDD方式のためディーラーの処理負担が増え、スキャルピングは会社にとって損失になるために禁止しています。
このため、どうしてもスキャルピングをしたいなら他の海外FX業者を選び、うまく使い分けるなど考えてトレードをすることが大事です。

スキャルピングが禁止されているということは基本的にスプレッドの狭さを有効活用することが難しく、他の海外FX業者のようにハイレバレッジ勝負をしにくくなります。

iFOREXの特徴⑫MT4に対応していない

MT4は基本的に海外FX業者のほとんどで採用されていますが、iFOREXでは対応していないため事前に確認してから選ぶ必要があります。

MT4はカスタマイズをすると大変便利なツールですが、設定が複雑なため初心者には敷居が高いです。
このため、使い方を覚える前に海外FX自体を辞めるトレーダーも多いですが、このような場合にiFOREXは役に立ちます。

MT4が対応していないことは熟練者から見れば使い勝手が悪いことがデメリットですが、逆に初心者にはiFOREXには独自のプラットフォームがあるため有利になります。
よって、初心者にはiFOREXが使いやすいため注目され、独自のプラットフォームを使えるようにすると便利です。

iFOREXの総評

iFOREXの総評のアイキャッチ画像

以上のことをまとめると、20年以上運営してきたiFOREXにはたくさんのメリットがあり、今でも数多くのユーザーに愛されています。

もちろん他社と比較するとデメリットとなりうる要素もありますが、iFOREXのメリットを最大限に活かした取引を行えばさほど気にならないでしょう。

特に最大レバレッジ400倍とロスカット水準0%の組み合わせはiFOREXならではといった強い武器になります。
残高ギリギリまでポジションを持ち続けることができ、最後まで粘って一攫千金を狙いたい方には最適といえます。

ボーナスキャンペーンも充実しており、これからFXを始めるという人でも資金を最低限に抑えて取引ができるので、試しにでも口座を作ってみる価値は十分にあります。

メリット・デメリットを把握したうえで上手な取引をすれば十分にチャンスのあるFX業者なので、是非体感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です