【取扱CFD600以上】iFOREXのCFDについてまとめ

CFDについて

CFDについてのアイキャッチ画像

CFDとは、差金決済取引を英訳したConstract For Differenceの頭文字を取り、投資の対象商品の買値と売値の差額をやり取りする仕組みです。

従来の株式投資は基本的に現物株と呼ばれる株式自体を売買しますが、CFDではその株式を売買する権利を取引する方法です。 言い換えると、証拠金取引で外国為替証拠金取引のFXと仕組みが似ています。

また、FXがCFD取引における為替レート版という感じにもなり、現在取引されている価格で買うか売る方法を選ぶ流れです。

一例として、株価500円の株を100株買って600円で売却するなら、この時に差額の100円を100株分売って利益が10万円になります。
CFD取引は、会社間でこの時に発生した差額のやり取りをする仕組みで、証拠金を預けておけば投資対象の全額を出す必要が無くて高いレバレッジを効かせて効率的な投資が可能です。

このため、値動きがあるものであれば様々な形で取引が可能で、国内株や外国株のような個別株式や日経平均株価などの株価指数、金や原油、プラチナ、小麦などのコモディティ、債券、外国為替など幅広い投資ができます。

CFD取引は株式のように取引所があり、値段が決まっているわけでなく、取引業者と直接行うことが特徴です。
しかし、FXと同じように他の個別株式や株価指数など取引所で決まっている取引価格があり、それを元に値段が決められます。

以上のように、業者によりできる品目や数に違いはありますが、証券市場、金融市場、商品市場など様々な市場で取引されている投資商品をCFDという市場を使い一つの商品として売買できて効率的です。

CFD取引とFX取引の違い

CFD取引とFX取引の違いのアイキャッチ画像

基本的に、CFD取引はFXと金利の考え方が逆です。
FXのスワップ金利は、買いの場合受け取り売りの場合支払いますが、CFDの金利は買いの場合支払い売りの場合受け取る流れです。

このため、相場が上がるならFXでスワップ金利を受け取り、下がるならCFDでオーバーナイト金利を受け取るなど相場に合わせて使い方ができます。

また、CFDの最大レバレッジはFXより低くなる傾向があり、誘惑に負けて危険なハイレバレッジ取引を避けることが可能です。基本的に、FXは最大レバレッジが25倍に対し、CFDは銘柄の種類に応じて5倍~20倍と範囲があります。
商品は20倍で株価指数は10倍、個別株やそのほかのETFは5倍と差があり、値幅が取れる取引もあるため稼ぎやすいとも言えます。

FXは為替のみですがCFDは株式、株価指数、商品など幅広く、取引銘柄が多くてトレンドが分かりやすいことがメリットです。

また、為替取引は急に数値が変動することはありませんが、CFDは急上昇しやすく上昇トレンドが続く銘柄に投資しやすいことが魅力だといえます。逆に、スプレッドに関してはFXのほうが有利になり、CFDにも狭い証券会社があるものの価格競争が進んでいなくて比較して選ぶと良いようです。

以上のように、FXは人気が高いものの長期になればCFDのほうが投資をすると効果的で、初心者で悩んでいれば両方の取引を扱う証券会社にすると便利です。
基本的に、投資をする時は自分に合った方法を選ぶことが重要で、様々なことを体験してから決める必要があります。

iFOREXでCFD取引する利点

iFOREXでCFD取引する利点のアイキャッチ画像

iFOREXではCFDの取引銘柄が600種類あるなど豊富で、FXのように24時間ではなくてオーバーナイト金利との絡みがあるためチェックすることが大事です。

取引可能な銘柄は商品、株価指数、株式、仮想通貨、上場投資信託があり、それぞれにおいて最大レバレッジが異なります。
最大レバレッジは商品が200倍、株価指数が200倍、株式は20倍、仮想通貨は10倍、上場投資信託は10倍で、メジャーな銘柄をはじめ合わせて600種類と多いです。

このように、多くの銘柄があることは大きな流れを読むために選択肢を増やせ、わざわざチャートに張り付いて神経をすり減らしながらトレードをするよりも大きな局面を見るだけでおいしいものが探せます。

iFOREXを使うメリットは600の銘柄を扱い、FX以外の金融商品だけでなく高いレバレッジで取引が可能で大きく資産を増やすことが期待できることが魅力です。

他にも日本語のサポートが充実しているため初心者にも分かりやすく、メールやチャット、電話など好みに合わせて選べます。

iFOREXのオススメのCFD

iFOREXのオススメのCFDのアイキャッチ画像

iFOREXでおすすめのCFDは600種類あるため迷いますが、頻繁に取引されていることを基準として決めると良いようです。

通貨ペア
米ドル/円やユーロ/円、ポンド/円で、日本円を使うと計算しやすくなります。

商品
原油や天然ガス、金、ガソリンなど価格が変動しやすいものが多く、金は最大レバレッジが400倍で最小取引数量は1オンスです。相場の状況や世界情勢によって大きく変わりやすく、最新の動向を確かめて決める必要があります。

株価指数
米国テック100や日本225、ドイツ30などがあり、最大レバレッジや最小取引数量はその都度変わります。
株式はDIAやアルファ銀行、ユベントスなどで、それぞれ取引時間や最大レバレッジ、最小取引数量が異なり確認して取引をすることが大事です。

上場投資信託
ドイツ30ファンド、グローバルカンナビス、米国ロング×3で、これらも相場の状況や世界情勢により最大レバレッジや最小取引数量はその都度変更されます。

仮想通貨
ビットコイン、イーサリアム、リップルで、その時の相場や世界の状況で最大レバレッジや最小取引数量が変更されます。

以上のように、通貨以外に商品は株価指数、株式、上場投資信託、仮想通貨など600種類以上の銘柄がありますが、相場の状況や世界情勢などで最大レバレッジや最小取引数量は常に変動するためチェックして取引を行うことが大事です。

おすすめの銘柄は時期によって変わるため、最新の情報を確かめて選ぶ必要があります。

まとめ

iFOREXのCFDについてまとめのアイキャッチ画像

iFOREXでCFD取引をする時は銘柄が600種類以上もありますが、世界情勢や相場の状況によって最大レバレッジや最小取引数量が変動します。
基本的に、FXはチャートを眺めながら最適なタイミングを待つしかありませんが、CFDは600種類以上の銘柄があるためコツをつかむと利益を出しやすいことが特徴です。

iFOREXのメリットはレバレッジが最大で400倍あり、FXは為替のみですがCFDは株式、株価指数、商品、仮想通貨、上場投資信託など幅広く選べ、それぞれ最大レバレッジや最小取引数量が決められて内容を比較すると決めるきっかけになります。

CFD取引は会社間で差額のやり取りをする方法のためスムーズにできますが、FXのように24時間対応ではなく時間帯によって値段が変わります。

最大レバレッジはFXが25倍に対してCFDは5倍から20倍と小さいですが、値幅があるため稼ぎやすいことが魅力です。基本的にFXは人気がありますが一方のCFDは最大レバレッジが低いなど何かとデメリットも目立ちますが、スプレッドが狭いため長期の投資に向いているといえます。

iFOREXは入金ボーナスやキャッシュバックなどのキャンペーンがあることや、ロスカットラインが0%のためぎりぎりの状態まで粘れます。他にも追証なしのため資産を失ってしまうリスクもなく、安心して利用できる海外のブローカーです。

しかし、信託保全がなく倒産時に資金が返ってこないことや、自動売買ができないなどの制限もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です