【2chでも話題】iFOREXのアイフォ戦士って?

iFOREXは高額出金の報告あり。出金拒否の噂もなし

iFOREXは高額出金の報告あり。出金拒否の噂もなしのアイキャッチ画像

iFOREXは1996年から営業する超老舗の海外FXブローカーで、現在はギリシャに本社を構えています。

運営する会社はFormula Investment House Ltdで、ライセンス番号SIBA/L/13/1060のもと英領バージン諸島の金融サービス委員会に認可されて系列会社のFormula Investment House B.O.S. Ltdはキプロス証券取引委員会のライセンスも取得しています。

資金管理は日本人向けにサービスを提供すればバージン法人のため、信託保全を受けることは不可能です。

iFOREXはすべての口座でゼロカットシステムが採用され、追証が発生せずに万が一残高がマイナスになっても補填してくれて元本以上の損失を被る恐れがなくて安心できます。

このため、追証の支払いを求められるなどのトラブルは報告されていないため安心でき、国内の業者のように必ず追証が設けられているわけでないことがメリットです。

ロスカット水準は0%で追証がなくレバレッジは400倍になり、フルレバレッジでポジションを取ってもギリギリのラインまで粘れます。

運営実績が20年と長くて出金拒否や取引の不成立などのトラブルがなく、大口の出金報告もあるため信頼で安心して使えるようです。
ただ、信託保全がないため万が一倒産した場合に資金が返ってくる保証がないことはデメリットですが、運営実績やトラブルがないことなどを考えれば心配は不要だといえます。

中でも日本人が海外FX業者を利用するために不安に感じることといえば日本語対応ですが、iFOREXでは20年の実績があるためサポートの質が高くて安心できます。
サポートはメール、電話、FAX、チャットなど好みに合わせて選べ、基本的にカスタマーサポート営業時間内なら2~3時間以内に返信が来るようです。

このため、初心者でも気軽に始めやすく、口座開設方法も単純ですぐにできるため初めて海外FXに挑戦する人に向いていると言えます。

また、豪華なボーナスキャンペーンを実施しているためお得に使えますが、一方でサーバー強度や約定スピードが並でなるため通信が正常にできないなどの報告もあります。

以上のようにiFOREXは運営実績が豊富で出金拒否などのトラブルがなく、初心者にも安心して使いやすい業者だといえます。

ただし、万が一倒産した場合に資金が返ってくる保証がないことやサーバーが落ちやすいことは心配の種ですが、その欠点を補って余りあるシステムだと言えるようです。

iFOREXのアイフォ戦士

iFOREXのアイフォ戦士のアイキャッチ画像

最近ではアイフォ戦士という言葉も海外FXにおいて注目され、基本的にiFOREXでハイレベルスキャルピングをして利益を増やす人のことを指します。

逆に、スキャルピングやデイトレード、スイングトレードをしくじってしまい、大損をするリスクもあるため勝ち負けの差が大きいことが特徴です。

そもそも、アイフォ戦士と呼ばれる所以は最大レバレッジ400倍の取引が可能なiFOREXで、資金がなくなるリスクを恐れずに積極的にハイレバレッジでスキャルピングを行う姿が戦士に似ているためです。

海外FXは国内とは違った一獲千金が可能なため、資金を大きく増やすことを夢見て果敢に戦う傾向があります。

トレードは経験を積むとレバレッジをうまく使い分けることで損小利大になり、何度も繰り返すことで口座の残高を増やしています。
しかし、レバレッジをうまく使い分けることができないと逆に損大利小の取引になり、口座の残高を減らしてしまうなど一筋縄ではいかないものです。

このような仕組みもあるため成功者は数分の取引だけで何百万の利益を出せ、逆に口座での損失があれば雑所得の扱いになるため確定申告をすると節税になります。

レバレッジは最大で400倍ですが初心者であれば低く設定しても構わないため、要は自分自身の能力に合わせて使い切れるようにするかが成功の鍵になります。

逆に、10倍など低く設定すると難易度が低くてやりやすいと実感するものですが、そのままずっと継続するといつまでたっても大金を稼げないものです。

また、国内で絶対にある追証がなくてリスクも軽減され、失敗を恐れずに積極的に投資できるなどのメリットがあります。

iFOREXのアイフォ戦士のメリットとリスク

iFOREXのアイフォ戦士のメリットとリスクのアイキャッチ画像

基本的にiFOREXは運営実績が20年と長く日本語サポートも充実しているため、初心者でも気軽に始めやすくて自分のスタイルで取引ができることが特徴です。

アイフォ戦士はiFOREXが追証がなくロスカットシステムを採用していることで大胆に勝負でき、400倍の最大レバレッジを設定して大きく稼ぐことを夢見る傾向があります。

また、出金拒否や取引不成立などのトラブルがなくて大口の出金報告もあり、様々なボーナスキャンペーンを行うことが魅力です。

アイフォ戦士が稼ぐコツは状況に応じてうまくレバレッジをコントロールし、着実に口座残高を増やせるようにする傾向があります。

逆にリスクといえばハイレバレッジの勝負をしてしまい、一獲千金どころか大損になることがあります。

他にも、信託保全がなくて万が一倒産した場合には資金が返ってくる保証がなく、サーバーの強度が並と万全ではなく混み合うとなかなか接続できなくなることがデメリットです。

また、リスクを避けてレバレッジを低く設定することを続けてもなかなか残高を増やせることがなく、経験を通して自分のスタイルを見極めないことにはいつまでたっても同じことの繰り返しになります。

このように、アイフォ戦士はハイレバレッジの勝負を繰り返すことで一獲千金をできることもあれば大損をすることもあり、うまく使い分けることができないと厳しいといえます。しかし、ロスカットシステムがあるためギリギリのラインまで粘れるなど国内や他社にはない魅力もあるため、アイフォ戦士が増えていることや海外FXの中でも注目されていることが特徴です。

iFOREXは一攫千金狙いの大胆トレードしたいトレーダーにピッタリ

iFOREXは一攫千金狙いの大胆トレードしたいトレーダーにピッタリのアイキャッチ画像

以上のように、iFOREXは最大レバレッジは400倍で、ロスカットシステムがあるためギリギリのラインまで粘れて一獲千金を夢見て果敢に戦うこともできます。

基本的に海外FXは業者の運営実績が重要視されますが、iFOREXは20年と老舗で日本語サポートもしっかりしていることや口座開設が容易でボーナスキャンペーンも充実しているため初心者にも始めやすいことがメリットです。

逆にデメリットはハイレバレッジで勝負するとしくじった場合に大きく損をすることや、信託保全ではなく万が一倒産したした時に資金が返ってくる保証がないなどのリスクがあります。

iFOREXは運営実績があるため倒産することは滅多にないと考えられますが、金融や社会の事情の変化などでないとは言い切れないものです。

アイフォ戦士は一獲千金を夢見てハイレバレッジの勝負をしたがるものですが、やり方を間違えると大損になり消極的になってレバレッジを大胆に設定できなくなるものです。

このため、初心者であれば最初はレバレッジを上げずに着実に資金を増やし、コツをつかむと大胆にフルレバレッジで挑戦するようにうまく切り換えれるようにならないといつまでたっても同じことの繰り返しになるといえます。

iFOREXは国内や他社にはない一獲千金の可能性がありますが、失敗を恐れずに積極的に挑戦して自分のスタイルを確立することが重要です。

アイフォ戦士は戦士と呼ばれるように積極的で大胆にトレードをするものですが、状況に応じてうまくレバレッジをコントロールすることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です